日本ファンドレイジング協会
ファンドレイジング・日本2014 最新情報をチェックする

2013年7月12日で募集は締め切りました

お陰様で公募には、沢山の方からご応募をいただきました。
数多くの候補の中から厳選された6つのセッションはこちら

FRJ2015

日本最大のファンドレイジングの成功事例が集まる場、
「ファンドレイジング・日本2014」(FRJ2014)では、講師の公募枠、
最大8枠を募集いたします。

これは自薦・他薦を問わず、日本・海外で実際に取り組まれているファンドレイジングの事例
(寄付集め、支援者拡大、会員拡大、資金循環の新しいメカニズム構築、
収益事業のユニークなモデル、助成金の有効活用、ソーシャルファイナンス、
企業とのタイアップによる寄付集めなど)をご紹介いただける講師の方を
広く募集するものです。
この機会に、ぜひともご応募ください。

昨年の公募セッション

  • 寄付から投資へのパラダイム・シフト
  • オフィスがなくても寄付は集まる!クラウド事務局のファンドレイジング
  • ファンドレイジングで効果を上げるためのコツ&多様な資金調達手法のご紹介
  • 海外の助成財団から助成金を獲得する5つのポイント
  • 『大学への法人寄付』企画と実践~大学基金の経験から
  • 金融業界全体による社会貢献
内容

2014.2.1(土) ~2(日)のなかで、60分のセッションを発表いただける方(最大8枠)。

条件
  • 参加者に対して、惜しみなく知見・経験・ノウハウを提供いただける方
  • セッション内で受講者参加型の仕掛け(例えば、ワークショップ、バズセッション、デモンストレーション、質疑応答等)を入れてご準備出来る方
  • 資料を期日までご提出いただける方
  • 講師会(11/19(火)夕刻予定)にご出席いただける方
  • そのほか、FRJ2014の運営広報にご協力していだたける方
  • Eメールでの連絡が可能な方
  • 他薦の場合は、あらかじめご登壇者に内諾を取得すること。
応募内容
  • 【講師公募申込書】に講演タイトルと講演概要(600字程度)、および講演内容を補足説明する資料(新聞記事、チラシなど)を添付し、応募締切までに事務局宛てにお送りください。
  • 提出頂いた資料の返却は致しかねます。ご了承下さい。
  • 採用された場合には、講師本人の交通費実費、宿泊費実費(ただし首都圏以外の方に限らせていただきます。宿泊手配は各自でお願いいたします:上限8000円)、 2日間の参加費(懇親会含む)無料(講師本人+アシスタント1名)の特典をご用意させていただきます。ただし、講師謝金はありません。
応募締切

2013年7月12日(金) 必着
(※採否の結果は遅くとも7月末までにはご連絡いたします。)

本件のお問い合わせは事務局、大石または小室が承ります。
日本ファンドレイジング協会

E-mail:frj@jfra.jp   TEL:03-6809-2590(受付10時~18時)

〒105-0004東京都港区新橋4‐24-10アソルティ新橋302号   http://jfra.jp